検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 見性寺の毘沙門天立像

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

見性寺の毘沙門天立像

指定名称:木造毘沙門天立像(もくぞうびしゃもんてんりつぞう)

国指定・彫刻

見性寺の毘沙門天立像

御津町室津(むろつ)の見性寺(けんしょうじ)に伝わる仏像で、楠(くすのき)の一木(いちぼく)造り。
普通、毘沙門天は宝塔(ほうとう)を捧げるが、本像は宝塔を持たずに右手を腰部にあてている。
怒りの形相(ぎょうそう)ながら穏やかな表情とも見え、胸の厚みを減じ、動きも抑えられている。平安時代後期の製作と考えられる。

【通常非公開】

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?