検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 朝臣雛山出土の石棺

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

朝臣雛山出土の石棺

指定名称:舟形石棺(蓋部)(ふながたせっかん・がいぶ)

市指定・考古資料

朝臣雛山出土の石棺

御津町朝臣(あさとみ)の丘陵から出土した石棺の蓋である。全長約3m。
復原すると、屋根形の小口(こぐち)に半円形の突起がついている。ただし、船形とされる棺身(かんしん)部は知られていない。
石材は熊本県阿蘇山の溶結凝灰岩(ようけつぎょうかいがん)と推定され、はるばる九州から運ばれてきた県内でも唯一の石棺である。

【埋蔵文化財センターで保管】

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?