検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 普音寺の阿弥陀三尊立像

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

普音寺の阿弥陀三尊立像

指定名称:銅造阿弥陀三尊立像(どうぞうあみださんぞんりつぞう)

県指定・彫刻

普音寺の阿弥陀三尊立像

龍野町福の神(ふくのかみ)に所在する普音寺(ふおんじ)の仏像で、銅造である。阿弥陀如来と観音、勢至菩薩(せいしぼさつ)が肩を寄せ合う三尊像で、信州善光寺(ぜんこうじ)の本尊を模倣したとされている。
製作時期は、全国的な類例から鎌倉時代末期と考えられる。

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?