検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 銅造の半跏思惟像

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

銅造の半跏思惟像

指定名称:銅造鍍金菩薩半跏像(どうぞうときんぼさつはんかぞう)

市指定・彫刻

銅造の半跏思惟像

飛鳥時代に信仰が始まり、奈良時代まで盛んに造られた小型の仏像で龍野町圓覚寺(えんかくじ)に伝わっていたものである。像高11cm。
弥勒(みろく)菩薩半跏像とも呼ばれ、銅の鋳造品(ちゅうぞうひん)に金メッキを施している。時期は7世紀半ばと推定されている。

【龍野歴史文化資料館で保管】

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?