検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 安土桃山時代の最高級鎧

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

安土桃山時代の最高級鎧

指定名称:縹糸威布袋菖蒲蒔絵仏胴(はなだいとおどしほていしょうぶまきえほとけどう)

市指定・美術工芸

安土桃山時代の最高級鎧

龍野神社に伝わる鎧(よろい)である。
胴の表面は黒漆(くろうるし)塗り、前面に布袋(ほてい)、背面に菖蒲(しょうぶ)が金蒔絵(きんまきえ)されており、大胆で華麗な当時の最高級品である。
絵は狩野探幽(かのうたんゆう)、豊臣秀吉からもらった脇坂安治(わきざかやすはる)所用の伝承を持つ作品。

【龍野歴史文化資料館で保管】

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?