検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 千本出土の鬼瓦

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

千本出土の鬼瓦

指定名称:千本出土鬼瓦(せんぼんしゅつどおにがわら)

県指定・考古資料

千本出土鬼瓦

新宮町千本で出土した3枚の鬼瓦で、方形の一辺は約32cm、厚さ6cm。この地は栗栖廃寺(くりすはいじ)と呼ぶ古代寺院跡と考えられている。
新羅(しらぎ)や唐(とう)の鬼瓦を模倣したものと思われ、3枚がそろっているのは珍しいことである。
神岡町の奥村廃寺でも同じ型の鬼瓦が出土しており、7世紀末から8世紀初めの美作(みまさか)道沿いに点在する寺院とともに、渡来系集団が残した遺物と推定されている。

【1枚は埋蔵文化財センターで保管、展示】

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?