検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 天満神社の本殿

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

天満神社の本殿

指定名称:天満神社本殿(てんまんじんじゃほんでん)

国指定・建造物

天満神社の本殿

新宮町宮内(みやうち)に所在する神社である。
守護職の赤松則祐(あかまつのりすけ)が城山城(きのやまじょう)を築き、鬼門を護るために霊岳禅師(れいがくぜんじ)を招いた。禅師の夢枕に天神である菅原道真が現れ、鎮守堂を祀ったのが天満神社の縁起と伝わっている。
本殿は、天文13(1544)年に再建されたとされ、当時の一間社流造(いっけんしゃながれづく)りの建築様式をよく伝えている。

【通常非公開】

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?