検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > ドーム形石室を持つ姥塚古墳

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

ドーム形石室を持つ姥塚古墳

指定名称:姥塚古墳(うばづかこふん)

県指定・史跡

ドーム形石室を持つ姥塚古墳

新宮町馬立(うまたて)の山裾に22基の馬立古墳群があり、その代表となる径18mの円墳である。
墳丘は2段築成で、横穴式石室は正方形の玄室(げんしつ)を持ち、天井部はドーム形に石を積む特徴がある(写真)。
こうした石室は朝鮮半島に類例があり、被葬者は渡来系集団との関係が考えられる。

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?