検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 竜山石製の家形石棺

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

竜山石製の家形石棺

指定名称:家形石棺(いえがたせっかん)

市指定・考古資料

明覚寺の家形石棺

揖保川町半田(はんだ)の明覚寺(みょうかくじ)の庭に、家形石棺の蓋(ふた)と底の部材が置かれている。
石棺は、高砂市の竜山から切り出した流紋岩質溶結凝灰岩(りゅうもんがんしつようけつぎょうかいがん)と推定され、時期は7世紀前半と考えられる。
竜山石は当時、大和政権の大王の棺(ひつぎ)にも使用される高級品で、竜山と関係の深い有力者がこのあたりにもいたのであろう。

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?