ホーム > くらし・市民 > 上下水道 > 下水道 > 下水道使用料の改定について

ここから本文です。

最終更新日:2019年8月13日

下水道使用料の改定について

たつの市では、下水道事業の長期的かつ安定的な経営を維持していくため、令和元年10月1日から、下水道使用料を改定いたします。(一部新宮町光都地区は除きます。)

使用料改定の背景

たつの市の下水道事業は、国の通達により令和2年度からこれまでの官庁方式による会計から複式簿記による公営企業会計へ移行することとなりました。これまでは事業運営を行っていく中で発生していた不足額を税金で補い運営を行ってきましたが、今後は一般の会社と同じように企業本来の運営形態として独立採算による経営を目指していくこととなります。そのため、下水道使用料を改定し、これまでの慢性的な収入不足を解消していくことが必要となってきます。

  • 下水道事業収入のうち、現在の使用料収入は全体の約2割程度で、7割近くを税金にたよっています。
  • 現在の使用料は、平成20年に市内統一(光都地区を除く。)の価格としていますが、市町合併前の旧龍野市において平成6年に設定したものを踏襲しており、実質的には20年以上改定していない状況です。
  • 下水道使用料は、皆さんの家庭生活等から生じる汚水をきれいな水に処理する費用に充てられていますが、その処理費用に対し使用料収入で賄われているのはおよそ半分となっています。

官庁会計と公営企業会計の違い

官庁会計は下の帯グラフのように収入と支出だけをみた単純なものですが、公営企業会計は経理手法に複式簿記を導入し、収入と支出以外に預貯金や借金がいくらあるか、資産(土地や建物等)をどれくらい保有しているか等、多面的に経営状況をみていくものとなります。

平成30年度における本市下水道事業における収支

H30下水道事業収支

下水道使用料新旧比較表

1ヶ月のあたりの下水道使用料は以下の表のとおりです。(消費税抜き)

  水量段階 現行 改定後
基本使用料 10㎥まで 750円 900円

従量使用料

10㎥を超え20㎥以下の分(1㎥につき) 90円 130円
20㎥を超え40㎥以下の分(1㎥につき) 130円 160円
40㎥を超え100㎥以下の分(1㎥につき) 180円 200円
101㎥を超える部分(1㎥につき) 210円 220円
  • 使用料は消費税分を加算して請求となります。
  • 通常は水道料金と合わせて2ヶ月分を納付していただきます。
  • 水道料金の改定はありません。

継続使用者の改定時期

令和元年10月1日より前から継続して使用されている場合は、12月以降の検針分から新料金が適用されます。

龍野地区(揖保川町半田地区の一部を含む。)

龍野地区継続


 

 

 

 

 

新宮地区(一部新宮町光都地区は除く。)

新宮地区継続

 

 

 

 

 

 

 

揖保川・御津地区(揖保川町半田地区の一部を除く。)

揖保川・御津地区継続

 

 

 

 

 

 

※地区により、一部異なる場合があります。詳しくは「検針票」でご確認ください。

水道料金・下水道使用料改定早見表(2ヶ月分)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:上下水道部下水道課管理係

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3168

FAX番号:0791-63-3721

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?