本文へジャンプします。

検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・市民 > 自然・環境 > ハチの巣の駆除

ここから本文です。

最終更新日:2017年8月31日

ハチの巣の駆除

ハチの巣を発見した場合は、近づかないことが一番の予防対策です。ハチは巣を守る防御本能が発達しているため、巣を刺激すると大群で襲ってきます。女王蜂を残して多くのオスや働きバチは越冬できないため、巣を駆除する必要がないときは、近づかないでください。

ハチの巣を駆除する場合は、土地の所有者又は管理者が責任をもって実施してください。巣を駆除する際は、専門の業者に依頼することをお勧めします。

市ではハチの巣の駆除を実施していませんので、直接、兵庫県ペストコントロール協会へ連絡してください。

社団法人兵庫県ペストコントロール協会

兵庫県ペストコントロール協会は、昭和41年に兵庫県におけるねずみ・衛生害虫等の防除業者の任意団体として発足し、昭和47年から、建築物における衛生的環境の確保に関する法律(昭和45年法律第20号)の指定を受けた社団法人日本ペストコントロール協会の兵庫県支部として活動しています。

社団法人兵庫県ペストコントロール協会(外部サイトへリンク)
〒650-0025
神戸市中央区相生町5-12-18柳ビル3F
電話078-576-2633
FAX078-576-2638

スズメバチ

攻撃性が非常に強く、ハチの巣に触れたり、ハチを追い払うなどの刺激を与えると襲ってきます。特に秋になると警戒心が強くなります。

スズメバチの巣の写真 スズメバチの写真

生態 女王バチが4~5月に巣作りを始め、9~10月に巣が最大となります。10~12月になると女王バチは巣を離れて古い木や土の中で越冬し、オスや働きバチは冬の寒さで死んでしまいます。
巣の特徴 形は丸く、表面にマーブル状の模様があり、巣穴が一か所空いています。

アシナガバチ

スズメバチに比べると攻撃性は劣りますが、巣に触れたり刺激を与えると襲ってくることがあります。

アシナガバチの巣の写真 アシナガバチの写真

生態 3月下旬から女王バチが活動を始め、5月から巣作りを始め8~9月に巣が最大となります。10月を過ぎると女王バチは巣を離れ、瓦の下や石垣の間で越冬し、オスや働きバチは冬の寒さで死んでしまいます。
巣の特徴 ハスの花を逆さまにしたような形で、表面にたくさんの穴が空いています。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部環境課生活環境係

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3150

FAX番号:0791-63-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?