検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・市民 > 動物愛護 > 犬のフンを放置しないで!

ここから本文です。

最終更新日:2017年8月18日

犬のフンを放置しないで!

飼い犬のフンをそのまま放置しているとの苦情が多く寄せられています。

犬を散歩させる場合は、公園や道路など公共の場所はもちろん、他人の土地や建物を犬のフンで汚してはいけません。兵庫県動物の愛護及び管理に関する条例により、犬の飼い主にはフンの後始末が義務付けられています。違反した場合は、罰金が科せられることがあります。

散歩させるときは、必ずビニール袋などを携帯し、飼い主が責任をもってフンを持ち帰りましょう。

犬の苦情や捕獲は兵庫県動物愛護センター龍野支所(0791-63-5146)に連絡してください。

手を汚さずにフンを取る方法

手を汚さずにフン処理

  1. フンにちり紙(トイレットペーパーなど水に溶けるもの)をかぶせます。
  2. ビニール袋に手を入れ
  3. ちり紙ごとフンをつかみます。
  4. ビニール袋を裏返します。
  5. 持ち帰ったフンはトイレに流しましょう。

犬の飼い主のマナーアップ啓発看板を貸し出します

dog_sign市では犬のフンの後始末を啓発する看板を貸出しています。

看板規格:縦60センチ×横40センチ、支柱180センチ

啓発看板貸与申請書(ワード:38KB)

個人には貸出していません。自治会で設置場所を決定し、自治会長による申請をお願いします。
なお、看板が風で飛ばされたり倒れたりするなどの危険がないよう十分確認のうえお取り付けください。

 

犬のフンの放置にイエローカード

イエローカード市では、犬の飼い主のマナーアップ啓発事業として、自治会による「イエローカード作戦」を実施しています。この取り組みは、犬のフンが放置されているそばにイエローカードを設置し、「フンの放置は許さない」という地域の態度を飼い主に認識させ、フンの放置をなくすことを目的とします。

地域で協力して犬のフン害防止に取り組まれたい自治会は、環境課へお申し出ください。

実施方法

活動内容

自治会内で当番を決めて実施していただきます。

  1. イエローカードを設置するために地域内を巡回します。放置された犬のフンを発見すると、そばにイエローカードを設置し、巡回中に設置した個数を記録します。イエローカードを設置してもフンは取り除かず、自治会がフンの放置を監視していることを示します。
  2. 1.の10日後、再度イエローカードを設置するために巡回します。1.と同様に、イエローカードを設置します。
  3. 2.の10日後、イエローカードとフンを回収するために巡回します。新たにイエローカードの設置は行わず、地域内のすべてのイエローカードとフンを回収します。回収した個数を記録します。
  4. 1.~3.を繰り返します。
  5. 活動記録を集計し、効果を検証します。

活動期間

3か月程度で効果が表れはじめると言われていますが、長く継続する方が効果的です。

配布資材

イエローカード、チラシ、フン回収袋、金ばさみ、軍手などの必要資材を配布します。

活動結果の公表

平成25年度に活動した島田自治会の活動結果を次のとおり公表します。活動を始めた時と比べ、放置されたフンの数が大幅に減少していることが分かります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部環境課環境美化係

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3150

FAX番号:0791-63-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?