ホーム > くらし・市民 > 保健情報 > 百日咳について

ここから本文です。

最終更新日:2016年8月1日

百日咳について

百日咳は、(1)患者のくしゃみやせきなどによる飛沫感染(2)患者に接することによっての接触感染によりで起こります。日本では、1956年から百日咳ワクチンの接種が始まり、以後、感染は減少しています。普通のかぜのような症状から始まり、続いて咳がひどくなり、顔を真っ赤にして咳き込むようになります。せきの後、急に息を吸い込むので、笛をふくような音が出るのが特徴です。熱はでません。

乳幼児は、せきで呼吸ができなくなり、チアノーゼ(皮膚が青黒くなる)やけいれんが起こることもあります。肺炎などの重い症状を合併することもあります。

症状の特徴は?

病初期からしつこい咳が特徴です。発熱することはあまりなく、年齢が低いほど症状が重くでます。特徴的な咳が出始め、咳のために眠れなかったり、顔が腫れたりすることがあります。回復するのに2~3週目から数か月かかることもあります。幼児期後半以降の罹患では、症状は軽くなり、小学生になると咳のしつこい風邪に思われることも少なくありません。

乳幼児から幼児期にかけての子どもがかかりやすく、また、時期としては春から夏にかけて多くみられます。

かかったかな?と思ったら

  • 早めに医療機関を受診しましょう。
  • 抗生剤は、早期に用いれば有効です。
  • 十分な水分補給を心がけましょう。
  • 栄養を摂り、十分な睡眠と休養しましょう。

予防方法は?

  • 乳幼児の方は早めに予防接種を受けるようにしましょう。
  • 成人の方は、自身の予防接種状況を確認し、予防接種を受けていない場合には医師に相談しましょう。
  • 咳をしている人に近づかないようにしましょう。

百日咳リーフレット(PDF:112KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康課 

住所:兵庫県たつの市龍野町富永410-2

電話番号:0791-63-2112

FAX番号:0791-63-2122

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?