検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > たつのきっず > たつの市のあゆみ(歴史) 交通の発達

ここから本文です。

たつの市のあゆみ(歴史)

トップ

交通の発達

明治22年(1889年)山陽本線が開通し、竜野駅ができました。明治42年(1909年)龍野ー 網干間に電車 (播電鉄道)が通り、6年後には新宮まで開通しました。昭和6年(1931年)姫津線(のちに姫新線)の本竜野駅と東觜崎駅ができました。そのあと、播磨新宮駅、千本駅、西栗栖駅ができ、播電鉄道はなくなりました。昭和57年(1982年)高速道路(山陽自動車道)が初めて市内を通りました。平成15年(2003年)2つ目の高速道路(播磨自動車道)が開通しました。

姫新線

鉄道も道路も便利になったよ

まえへ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

トップへ