検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・市民 > 福祉医療 > 平成26年7月1日から福祉医療費助成制度が一部改正されました

ここから本文です。

最終更新日:2014年7月4日

平成26年7月1日から福祉医療費助成制度が一部改正されました

老人医療費助成事業の一部負担金が変わりました

兵庫県の「第3次行革プラン」に伴い、老人医療費助成制度について、平成26年7月1日以降に新たに65歳となる方の一部負担金が下記のとおり改正されました。

所得制限を満たす対象者のうち誕生日が昭和24年7月1日以降の方

下線部分が変更箇所になりました。

世帯区分 自己負担割合 月額負担限度額
低所得Ⅰ 2割 外来8,000円、入院等15,000円
低所得Ⅱ 2割 外来12,000円、入院等35,400円

所得制限を満たす対象者のうち誕生日が昭和24年6月30日以前の方(変更なし)

世帯区分 自己負担割合 月額負担限度額
低所得Ⅰ 1割 外来8,000円、入院等15,000円
低所得Ⅱ 2割 外来8,000円、入院等24,600円

※老人医療費助成制度を受けるには申請が必要です。制度の詳細については「福祉医療」のページをご覧ください。

母子家庭等医療費給付制度の所得制限及び一部負担金が変わりました

兵庫県の「第3次行革プラン」に伴い、母子家庭等医療費給付制度について、所得制限及び一部負担金が下記のとおり改正されました。

平成26年7月1日から

下線部分が変更箇所になりました。

所得制限 母(父)又は扶養義務者の所得が、児童扶養手当における受給者本人の全部支給の所得制限限度額内
一般区分 外来 1医療機関等あたり1日800円を限度に月2回まで
入院等 1割負担 月額負担限度額3,200円

全部支給の所得制限限度額

扶養親族の数 母(父)又は扶養義務者等の所得制限
0人 19万円
1人 57万円
2人 95万円
3人 133万円
4人 171万円
  • 世帯区分が低所得の方(市町村民税非課税世帯で、母(父)又は扶養義務者の公的年金収入が80万円以下もしくは、公的年金収入と他の所得の合計が80万円以下。給与収入のみの場合は145万円以下)については変更ありません。
  • 世帯区分が低所得の方は、児童扶養手当における一部支給の所得制限限度額内であれば、対象となります。

※母子家庭等医療費給付制度を受けるには申請が必要です。制度の詳細については「福祉医療」のページをご覧ください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部国保医療年金課医療年金係

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3240

FAX番号:0791-63-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?