検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・市民 > 動物愛護 > 狂犬病予防注射について

ここから本文です。

最終更新日:2018年3月23日

狂犬病予防注射について

狂犬病予防法第5条、同施行規則第11条の規定により、生後91日以上の犬の所有者は、毎年1回の狂犬病予防注射を受けさせることが義務付られています。

注射を怠った場合には20万円以下の罰金となる場合があります。

もし、未接種犬が咬傷事故等をおこした場合、飼い主の責任が問われますので、室内犬・屋外犬を問わず年に1回の狂犬病予防注射を必ず受けさせてください。

狂犬病予防注射を受けさせた際には、「狂犬病予防注射済票」の交付を必ず受けてください。

H29zumihyo

平成29年度狂犬病予防注射済票

狂犬病とは

狂犬病とは、「狂犬病ウイルス」でおこる動物由来感染症です。

犬はもちろん、人など全ての哺乳動物に感染します。人が感染して発症すると治療法はなく、ほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。人の場合は狂犬病に感染した犬などに咬まれて感染することが多いといわれています。

世界中のほとんどの国で発生があり、毎年何万人もの方が狂犬病で亡くなっています。現在日本では狂犬病予防注射の徹底により狂犬病を撲滅し、発生はありませんが、狂犬病の発生国から狂犬病に感染した動物が不法に日本に持ち込まれる可能性があり、いつ日本で狂犬病が発生するかわかりません。

厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

狂犬病を防ぐためには

狂犬病を予防するには狂犬病予注射の接種を行う以外に方法はありません。万が一、狂犬病が日本に入ってきても、70%以上の犬が狂犬病予防注射を接種していれば、蔓延を防ぐことができます。

狂犬病予防注射は、狂犬病が日本に侵入した場合に犬に蔓延することを防いで、犬から人に感染することを防ぎます。愛犬と飼い主を守るだけでなく、多くの人の安全のために必要です。毎年1回、必ず狂犬病予防注射を接種させてください。

狂犬病予防注射と犬の登録に関する窓口

犬の登録、狂犬病予防注射の接種と狂犬病予防注射済票の交付受付窓口は、次のとおりです。窓口によって担当業務が異なりますので、注意してください。各窓口の詳細については、以下に記載しています。

業務

市役所

集合注射会場

委託動物病院

委託していない動物病院

狂犬病予防注射の接種

狂犬病予防注射済票の交付

犬の登録

市役所(本庁環境課・各総合支所市民福祉課)

鑑札・注射済票の交付を受けることができます。鑑札・注射済票の交付業務を委託していない動物病院で予防注射を接種されたときは、動物病院が発行する「狂犬病予防注射済証(証明書)」を持参してください。

料金

  • 新規登録:1頭につき3,550円
    (内訳:登録手数料3,000円、注射済票交付手数料550円)
  • 登録済みの犬:1頭につき550円
    (内訳:注射済票交付手数料550円)

集合注射会場

4月に獣医師と協働で各地区を巡回する「集合注射」を実施します。お近くの動物病院へ飼い犬を連れて行くことが困難な場合は、予定された日時に、飼い犬を連れて会場へお越しください。

料金

  • 新規登録:1頭につき6,300円
    (内訳:注射料2,750円、登録手数料3,000円、注射済票交付手数料550円)
  • 登録済みの犬:1頭につき3,300円
    (内訳:注射料2,750円、注射済票交付手数料550円)

委託動物病院

鑑札・注射済票の交付及び犬の登録管理は市の業務ですが、市民サービスの向上のため、次の動物病院に鑑札・注射済票交付業務を委託しており、予防注射の接種と併せて、鑑札・注射済票の交付を受けることができます。

たつの市内

動物病院名 住所 備考
揖保川動物病院

獣医師:永富靖

たつの市揖保川町新在家150番地1

電話:0791-72-3744

西播狂犬病予防獣医師会所属

上月動物病院

獣医師:上月茂和

たつの市誉田町福田95番地9

電話:0791-62-2180

西播狂犬病予防獣医師会所属

寺田動物病院

獣医師:寺田利史

たつの市龍野町島田248番地2

電話:0791-63-3252

西播狂犬病予防獣医師会所属

どい動物病院龍野エルザ

獣医師:片岡篤彦

たつの市龍野町富永715番地

電話:0791-62-0710

 

ふくしま動物病院

獣医師:福嶋一充

たつの市龍野町堂本86番地

電話:0791-63-2343

西播狂犬病予防獣医師会所属

前田獣医科医院

獣医師:前田光正

たつの市新宮町仙正220番地2

電話:0791-75-0084

西播狂犬病予防獣医師会所属

たつの市外

動物病院名 住所 備考

エルザ動物医療センター

獣医師:長谷隆司

姫路市下手野1丁目110番1

電話:079-297-8181

 

オガワ動物病院

獣医師:小河晴夫

姫路市下手野1丁目5番7

電話:079-292-3430

西播狂犬病予防獣医師会所属

クオール動物病院

獣医師:水本盛彦

姫路市東夢前台3丁目134番地1

電話:079-299-2633

西播狂犬病予防獣医師会所属

タナカ動物病院

獣医師:田中敏博

姫路市御立中3丁目6番地17

電話:079-292-4775

西播狂犬病予防獣医師会所属

中川動物病院

獣医師:中川優

姫路市亀山186番地7

電話:079-234-6262

西播狂犬病予防獣医師会所属

姫路エルザ動物病院

獣医師:中田雄三

姫路市野里155番地

電話:079-252-8282

 

ながみ動物病院

獣医師:永見充弘

姫路市網干区和久587番地

電話:079-272-0359

西播狂犬病予防獣医師会所属

山田獣医科病院

獣医師:山田壽和

姫路市網干区大江島古川町64番地

電話:079-274-1020

西播狂犬病予防獣医師会所属

ワールド動物病院

獣医師:松石裕司

姫路市網干区北新在家271番地

電話:079-272-7789

西播狂犬病予防獣医師会所属

平山獣医科医院

獣医師:平山素直

姫路市網干区高田274番地7

電話:079-272-2764

 

グリーン・フォレスト動物病院

獣医師:森和也

揖保郡太子町東保300番地1

電話:079-277-6914

西播狂犬病予防獣医師会所属

太子動物病院

獣医師:志水政徳

揖保郡太子町矢田部182番地6

電話:079-276-2684

西播狂犬病予防獣医師会所属

篠田動物病院

獣医師:篠田慶次郎

宍粟市山崎町加生241番地4

電話:0790-62-6823

西播狂犬病予防獣医師会所属

とべ動物病院

獣医師:渡部聡

相生市栄町12番地14

電話:0791-22-2387

西播狂犬病予防獣医師会所属

上郡動物病院

獣医師:沖中富朗

赤穂郡上郡町山野里2113番地1

電話:0791-52-3300

西播狂犬病予防獣医師会所属

なかおか動物病院

獣医師:中岡崇郎

赤穂市黒崎34番地

電話:0791-42-9788

西播狂犬病予防獣医師会所属

料金

  • 注射料:各動物病院が定める金額
  • 注射済票交付手数料:550円

(注)新規登録の犬は、別途、登録手数料3,000円が必要です。
注射料については、各動物病院へお問い合わせください。

委託していない動物病院

鑑札・注射済票の交付業務を委託していない動物病院でも、予防注射を接種することはできますが、鑑札・注射済票は交付を受けることができません。以下の順番で手続きを行い、鑑札・注射済票の交付を受けてください。

1.予防注射を接種する

予防注射を接種し、「狂犬病予防注射済証(証明書)」を受け取ってください。

料金
  • 注射料:各動物病院が定める金額

(注)注射料については、各動物病院へお問い合わせください。

2.市役所で鑑札・注射済票の交付を受ける

1.で受け取った「狂犬病予防注射済証(証明書)」を市役所(本庁環境課・各総合支所市民福祉課)へ持参してください。鑑札・注射済票(金属製の標識)を交付します。

料金
  • 新規登録の犬:1頭につき3,550円

(内訳:登録手数料3,000円、注射済票交付手数料550円)

  • 登録済みの犬:1頭につき550円

(内訳:注射済票交付手数料550円)

注射の猶予

飼い犬が、妊娠、高齢、病気等で予防注射の接種が困難と思われる場合は、かかりつけの獣医師に相談してください。注射猶予の申請は、獣医師を通して行います。獣医師が接種不可能と判断した場合、その年度の予防注射は免除となります。

関係法令

狂犬病予防法第5条

第5条 犬の所有者(所有者以外の者が管理する場合には、その者。以下同じ。)は、その犬について、厚生労働省令の定めるところにより、狂犬病の予防注射を毎年1回受けさせなければならない。

2 市町村長は、政令の定めるところにより、前項の予防注射を受けた犬の所有者に注射済票を交付しなければならない。

3 犬の所有者は、前項の注射済票をその犬に着けておかなければならない。

狂犬病予防法施行規則第11条

第11条 生後91日以上の犬(次項に規定する犬であって、3月2日から6月30日までの間に所有されるに至ったものを除く。)の所有者は、法第5条第1項の規定により、その犬について、狂犬病の予防注射を4月1日から6月30日までの間に1回受けさせなければならない。ただし、3月2日以降において既に狂犬病の予防注射を受けた犬については、この限りでない。

2 生後91日以上の犬であって、3月2日(1月1日から5月31日までの間にその犬を所有するに至った場合においては、前年の3月2日)以降に狂犬病の予防注射を受けていないもの又は受けたかどうか明らかでないものを所有するに至った者は、法第5条第1項の規定により、その犬について、その犬を所有するに至った日から30日以内に狂犬病の予防注射を受けさせなければならない。

3 前2項の場合において、狂犬病の予防注射を受けさせなければならない犬を所有者以外の者が管理するときは、第1項中「所有される」とあるのは「管理される」と、「所有者」とあるのは「管理者」と、前項中「所有する」とあるのは「管理する」と、それぞれ読み替えるものとする。

罰則規定(狂犬病予防法)

第27条次の各号の1に該当する者は、20万円以下の罰金に処する。

2 第5条の規定に違反して犬に予防注射を受けさせず、又は注射済票を着けなかった者

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部環境課 

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3150

FAX番号:0791-63-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?