検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > くらし・市民 > 文化・スポーツ > 町並み保存 > たつの市三木露風生家

ここから本文です。

最終更新日:2018年4月1日

たつの市三木露風生家

三木露風生家童謡「赤とんぼ」の作詩者『三木露風』の生家は、鶏籠山(けいろうざん)の麓にある龍野城の埋門(うずみもん)の坂を下りたところにあり、明治4年頃から明治22年の間に建築されたものと推察されます。

露風は明治22年6月23日にこの家で出生し、その名を操(みさお)と名付けられました。露風が6歳の時、両親が離縁し、母親(かた)は弟を連れて実家の鳥取に帰ってしまい、露風も祖父の家に引き取られました。この生家は、露風が母と過ごした思い出が残る大切な場所であります。

施設紹介

玄関生家は、歴史的景観形成地区(龍野町龍野地区)の武家地景観通り沿いに建っています。武家地は、和瓦葺き、しっくい壁や焼板壁の家屋としっくい塗の土塀からなる町並みが特徴です。

生家の整備は、武家地景観に配慮して、外観はできる限り現状のまま残し、長い間使用されてきた材料の持つ趣を活かすため、古い瓦や建具などを再利用しています。

 

 

座敷生家を親しみやすい施設にするため愛称を募集したところ、全国から500点を超える応募がありました。幼少期の露風が母と過ごした思い出が残る生家に訪れ、露風を偲んで頂きたいとの思いから、愛称を「露風とともに」に決定しました。

生家には、露風の年表と生い立ちから龍野に住んでいた10代までの説明掲示のみとしています。露風の作品や資料については、霞城館(龍野町上霞城)でご覧ください。

 

生家の活用

「地域の宝として、三木露風生家を盛り上げていこう」との想いから、地域住民が主体となって様々なイベントを実施しています。平成25年度に実施されたイベントの一部を紹介します。

  • 露風生誕祭(6月)
  • お月見会(9月)
  • 紙芝居「露風物語」
  • 草笛教室
  • 朗読会

利用案内

開館時間

9時30分~16時30分

休館日

月曜日(祝日と重なった場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)、その他臨時休館あり

開館カレンダー(平成30年4月~平成31年3月)(PDF:82KB)

入館料

無料

使用料

無料

使用を希望する方は、あらかじめ三木露風生家に「使用許可申請書」を提出し、市長の許可を受ける必要があります。
また、使用後は施設及び備品を直ちに原状に回復した後、「使用報告書」を管理人に提出してください。

使用できる部屋

  • 居間(8畳)
  • 座敷(8畳と8畳の続き間)

ただし、使用時に来館者の見学や立入を拒否するような内容については許可できません。

入館者の遵守事項

次に掲げる事項を遵守しなければなりません。

  1. 館内の秩序を乱さないこと。
  2. 施設、設備等を汚損、破損又は滅失しないこと。
  3. 宣伝広告に類する行為をしないこと。
  4. 火気を持ち込まないこと。
  5. 飲酒をしないこと。
  6. その他係員の指示に従うこと。

入館制限

次の事項に該当する者に対しては、入館拒否、退館を命じることがあります。

  1. 他人に迷惑を掛け、又は施設、設備等を汚損し、破損し、若しくは滅失するおそれがあると認められる者又はそのおそれのある物品、動物その他これらに類するものを携帯する者
  2. 営利を目的とする行為をする者
  3. 管理上必要な指示に従わない者
  4. その他市長が入館を不適当と認める者

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:都市政策部まちづくり推進課 

住所:たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3167

FAX番号:0791-63-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?