検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 産業部 農林水産課 > ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)の生態と対策

ここから本文です。

最終更新日:2016年7月26日

ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)の生態と対策

生態と被害

ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)は中南米の淡水に生息する大型の巻貝で、水田の土壌内や水路等で越冬します。気温が上昇し、水田に水が張られると活動を開始します。また、取水によって水路から水田に侵入します。
卵はピンク色(ふ化直前は黒赤色になる)で、水稲の茎や水路の壁等に産卵するのでよく目立ちます。田植え後、約2~3週間までの軟らかい稲を食害し、欠株となることがあります。

ジャンボタニシ2-1

 

食害による欠株稲

 

 

ジャンボタニシ4-3

 

 

水稲に集まる貝

 

 

ジャンボタニシ2-2

 

 

水田での貝の卵塊

 

 

防除対策

水稲生育期間の対策

【殺卵、貝の捕殺】

  • 貝、卵塊を見つけ次第捕殺します。貝は寄生虫を持っている場合がありますので、
    素手では触れずゴム手袋等を使用し、潰して廃棄してください。
  • 卵塊は水中で呼吸できないため、水を張ったバケツなどに落とすだけで殺卵できます。
  • 捕殺後、放置すると腐臭などの原因になりますので注意してください。

【網の設置】

  • 取水口に目合い1cmの網を設置し、用水路からの貝の流入を防止する。 

稲刈り後の対策

  • 稲刈り後1~4日間3~4㎝の湛水状態を保ち、貝を活動状態にさせます。
    その後、石灰窒素(20kg/10a)を散布し、3~4日間湛水状態を保ち、貝を致死させる。(7日間止水)
  • 冬期に耕耘を2~3回実施することで貝をつぶして致死させる。
  • 用排水路の点検、侵入防止網の設置、冬季止水(貝の生育場所の水分を無くす)

お問い合わせ

所属課室:産業部農林水産課農業振興係

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3157

FAX番号:0791-63-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?