ホーム > くらし・市民 > 文化・スポーツ > 特別展「ひいなー龍野と京都の雛人形ー」を開催

ここから本文です。

最終更新日:2020年1月28日

特別展「ひいなー龍野と京都の雛人形ー」を開催

3年に一度開催している恒例の「ひいな展」。今回は、龍野城下町に伝わった雛人形や日本の人形・玩具文化を形成してきた京都の雛人形などを紹介します。

元禄雛

  • 元禄雛(江戸時代)京都文化博物館蔵

梅樹蝶熨斗文様振袖

  •  梅樹蝶熨斗文様振袖(江戸時代後期)京都文化博物館蔵

展示期間

令和2年2月22日(土曜日)~4月12日(日曜日)9時~17時(入館は16時30分まで)

休館日:月曜日(2月24日、3月16日は開館)、2月25日(火曜日)

展示会場

  • たつの市立龍野歴史文化資料館

料金

  • 一般:400円(300円)
  • 65歳以上:200円
  • 小学生~大学生:100円(60円)

※( )内は20名以上の団体料金

三館共通券(龍野歴史文化資料館・霞城館・醤油資料館)

  • 一般:450円
  • 高校生・大学生:220円
  • 小学生・中学生:140円

関連行事

ギャラリートーク

日時:令和2年3月1日(日曜日)13時30分~14時30分

講師:中村 瑠水子 氏(小笠原流水引折方講師)

内容:身近なくらしの中に伝わる水引のしきたりについて、展示作品と共に紹介。

ミュージアムトーク

日時:令和2年3月15日(日曜日)14時~15時

講師:林 智子 氏(京都文化博物館学芸員)

内容:京都文化博物館所蔵の展示資料を中心に雛人形についての解説。

折り紙の流し雛ワークショップ

日時:特別展開催期間中常時

内容:折り紙の流し雛づくり(お子様対象)

 

※いずれも龍野歴史文化資料館にて。無料。ただし、入館料が必要です。

第2会場 醤油の郷 大正ロマン館

「古今を結ぶ 日本の心を伝える水引展」

展示期間:令和2年2月22日(土曜日)~4月12日(日曜日)10時~17時

休館日:月曜日(2月24日、3月16日は開館)、2月25日(火曜日)

入館料:無料

展示内容:小笠原流水引折方講師 中村 瑠水子 氏(たつの市出身)の伝統的な水引折方や水引アートを展示します。

主催

たつの市、たつの市教育委員会

共催

神戸新聞社

後援

NHK神戸放送局、サンテレビジョン、ラジオ関西

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課 龍野歴史文化資料館 

住所:兵庫県たつの市龍野町上霞城128-3

電話番号:0791-63-0907

FAX番号:0791-63-0998

E-mail:rekishi@city.tatsuno.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?