検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 大和政権から賜った双龍環頭大刀

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

大和政権から賜った双龍環頭大刀

指定名称:双龍環頭大刀(そうりゅうかんとうたち)

市指定・考古資料

大和政権から賜った双龍環頭大刀
揖保川町黍田(きびた)に所在する黍田15号墳から出土した豪華な飾りをつけた大刀。
保存処理によって当時の輝きがよみがえり、金や銀を使って刀をきらびやかに飾り立てていることがわかった。柄(つか)の先には玉を噛み合う2頭の龍が表現されている。時期は6世紀末から7世紀初めと推定される。
持ち主は、大和政権に仕え、特別製の刀をもらったのであろう。

【埋蔵文化財センターで保管、展示】

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?