検索方法

文字サイズ・色の変更

  • English
  • サイトマップ
  • 携帯サイト

ホーム > 市政 > 教育事業部 歴史文化財課(埋蔵文化財センター) > 市内の指定・登録文化財 > 中山寺跡の板碑

ここから本文です。

最終更新日:2012年9月5日

中山寺跡の板碑

指定名称:中山寺跡の板碑(なかやまでらあとのいたび)

市指定・建造物

中山寺跡の板碑

新宮町善定(ぜんじょう)の丘陵上にある中山寺跡では、高さ202cmの板碑に見える角塔婆(かくとうば)があって、県内で唯一の形式と考えられる。
銘文には造立趣意(ぞうりつしゅい)とともに、文明9(1477)年とあり、貴重である。中山寺跡を開いた時観上人(じかんしょうにん)が建てたものと考えられる。

お問い合わせ

所属課室:教育事業部歴史文化財課(埋蔵文化財センター) 

住所:兵庫県たつの市新宮町宮内16

電話番号:0791-75-5450

FAX番号:0791-75-0353

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?