ホーム > くらし・市民 > 福祉 > 自殺予防対策

ここから本文です。

最終更新日:2019年3月25日

自殺予防対策

「たつの市つながるいのち支援計画」を策定しました

平成28年(2016年)に改正された「自殺対策基本法」に基づき、自殺対策をより一層総合的かつ効果的に推進するため、たつの市では、平成31年(2019年)3月に「たつの市つながるいのち支援計画」を策定しました。

自殺対策と本市のあらゆる関連施策が、ともに「住みやすい、安心できるまちづくり」を目指しているという共通認識のもと、市内関係機関と連携して多角的に自殺対策を推進します。

市民の皆様においては、自らのこころの健康の増進に努めるとともに、身近な人が悩みを抱えている場合には、いち早く気づき、話を聴いて、必要に応じてしかるべき相談機関につなぎ、見守ることのできるまちづくりにご協力をお願いします。

「たつの市つながるいのち支援計画―自殺のない社会の実現を目指して―」

3月は「自殺対策強化月間」です

30年度自殺対策強化月間ポスター

自殺対策強化月間とは

「自殺対策強化月間」は、自殺対策の重要性に関する国民の理解と関心を深めるため、自殺対策基本法に位置付けられているものです。3月1日から3月31日までの月間中には、自殺予防対策の積極的な啓発等を行います。

厚生労働省の取り組み

兵庫県の取り組み

たつの市の取り組み

ゲートキーパー研修会を開催

ゲートキーパーとは

心の不調を抱える人から発せられる自殺のサインに気づき、必要な支援(声かけ、傾聴、つなぎ、見守り)ができる人のことです。近くにいる人たちの心の変化に気づき、寄り添い、話を聞くことができれば、誰でもゲートキーパーになることができます。

平成30年度ゲートキーパー研修会

うつ病に関する正しい知識や傾聴の仕方、ゲートキーパーの役割などを学び、地域や職場で悩みを抱える人々の話を聴き、必要な支援につなぐことのできる人材を育てるため、ゲートキーパー研修会を開催しました。

午前中は、身近な人の悩みを聴き(傾聴)、必要な支援につなぐ方法を、講義とロールプレイを通じて一般市民と市職員が一緒に学びました。

午後からは、ゲートキーパーとして地域で活動するために心がけることや、ゲートキーパーとなってもらえる人材を増やすにはどうすればよいかを受講者同士で話し合いました。

受講者全員に、ゲートキーパーの証として、緑色のシリコンバンドが交付されました。

たつの市に「見守りの輪」を広げる第一歩として、とても有意義となりました。

30年度ゲートキーパー研修会130年度ゲートキーパー研修会2

30年度ゲートキーパー研修会330年度ゲートキーパー研修会4

ゲートキーパーバンド

開催日・開催場所

平成31年3月13日(水曜日)
たつの市福祉会館4階大会議室(住所:たつの市龍野町富永1005番地1)

開催時間・内容

  第1部 第2部
時間 9時~12時(受付8時30分~) 13時~16時
内容

【ゲートキーパーとは?】

  • ゲートキーパーの概要説明
  • 声かけや傾聴の仕方(実技)
  • ロールプレイ

【ゲートキーパー・サポーターになろう】

  • グループワーク
    「地域や社会で見守りの輪を広げるために」

講師

特定非営利活動法人いねいぶる理事長
宮崎宏興氏(作業療法士)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部地域福祉課障害福祉係

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3204

FAX番号:0791-63-0863

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?