ホーム > 自然・環境 > 地球温暖化対策について

ここから本文です。

最終更新日:2022年8月25日

地球温暖化対策について

地球温暖化対策の動向

気候変動

気候は太陽活動の変動や火山の噴火など自然の影響、温室効果ガスの排出や森林伐採など人間活動の影響により変化、変動しています。

18世紀半ばの産業革命以降、人間活動による化石燃料の使用や人口増に伴う森林伐採などにより大気中の温室効果ガスが急激に増加し、20世紀半ば以降に観測された気候変動は。人間活動による二酸化炭素等の温室効果ガスの排出が主な要因であると言われています。

気象庁の発表によると、100年あたりの気温が0.74℃上昇し、海面水位が16cm上昇しており、海岸線の浸食や洪水などの災害、生態系の変化といった問題が生じています。

日本では、平均気温が1.21℃上昇していますが、この変化は今後更に進行していくと考えられています。

国際的な取り組み

オゾン層の破壊、地球温暖化、熱帯林の破壊や生物多様性の喪失など地球環境問題が極めて深刻化し、世界的規模での早急な対策の必要性が指摘されるなか、1992年にブラジルで開催された「地球サミット」において、「持続可能な開発のための人類の行動計画」が採択され、大気中の温室効果ガス濃度の安定化に向けた「気候変動に関する国際連合枠組条約」に参加155ヶ国が署名しました。

1997年に日本で開催された「第3回締約国会議(COP3)」において、先進国の温室効果ガス排出量の削減を約束する「京都議定書」が採択され、日本は2012年に1990年比で温室効果ガス排出量を6%削減することを約束しました。現在は、2015年にフランスで開催された「第21回締約国会議(COP21)」において、2030年に2013年比で26%削減するとの中期目標について取り組むべき対策や国の施策を明らかにし、削減目標達成への道筋を付けるともに、長期的目標として2050年までに80%の温室効果ガスの排出削減を目指すことを位置付けており、地球温暖化対策を進めていく上での礎となるものです。さらに、2050年までのカーボンニュートラルにコミットする国や地域は123カ国に達しています。

日本の取り組み

1998年に「地球温暖化対策の推進に関する法律」を制定し、2005年には「京都議定書目標達成計画」を策定して、温室効果ガス排出量6%の削減を確実に達成するために必要な措置が定められました。市町村は、「地球温暖化の推進に関する法律」第20条、第21条に即して、自らの事務及び事業に関し、温室効果ガス排出量の削減及び吸収作用の保全並びに強化のための措置に関する計画を策定し、公表することが義務付けられています。

また、2016年5月に閣議決定した「地球温暖化計画」において、2013年度比の温室効果ガス排出量を2030年度に26%削減、2050年度に80%削減するという目標を掲げており、地方公共団体には2030年度に40%削減を目標に対策を強化するよう求めています。

さらに2020年10月26日に「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことが宣言されました。これによりカーボンニュートラルの実現を法律に明記することで、脱炭素に向けた取組・投資やイノベーションを加速させるとともに、地域の再生可能エネルギーを活用した脱炭素化の取組や企業の脱炭素経営の促進を図る「地球温暖化対策の推進に関する法律の一部を改正する法律案」を2021年3月2日に閣議決定され国会に提出、2021年5月26日に成立しました。

 

 ene2020

図:日本の温室効果ガス排出量の推移

詳しくは☛環境省「地球温暖化対策」ホームページ(外部サイトへリンク)

 

たつの市の取り組み

第3次たつの市地球温暖化対策実行計画

2018年度に2019年度から2023年度の5ヶ年を計画期間とする「第3次たつの市地球温暖化対策実行計画」を策定し、2023年度の温室効果ガス排出量を2013年度(基準年度)比で15%(長期計画として2030年度に2013年度比で40%)削減することを目標に、直接管理施設及び指定管理施設における全事務事業を対象に取り組んでいます。

詳しくは☛「第3次たつの市地球温暖化対策実行計画(事務事業編)を策定」のホームページをご覧ください。

●温室効果ガス排出量の推移

項目

2013年度

(H25年度)

 

2017年度

(H29年度)

2018年度

(H30年度)

2019年度

(R元年度)

2020年度

(R2年度)

2021年度

(R3年度)

電気

11,787.8

 

11,431.3

9,295.9

8,249.0

7,654.3

7,775.2

灯油

1,006.3

 

305.9

253.8

261.9

259.4

142.9

A重油

1,044.8

 

910.7

769.8

950.5

758.0

297.1

LPG

240.2

 

474.7

465.8

413.0

254.9

256.9

ガソリン

255.9

 

192.1

194.3

176.3

142.1

132.7

軽油

101.2

 

65.5

83.7

77.7

63.7

63.7

CH4

0.6

 

0.4

0.4

0.3

0.3

0.3

N2O

11.5

 

8.7

10.4

6.9

5.4

5.7

HFC

3.2

 

2.9

3.0

2.5

2.6

2.5

合計

14,451.5

 

13,392.2

11,077.1

10,138.1

9,140.7

8,677.0

 

●基準年度との比較

項目

2013(H25)年度

2021(R3)年度

比較増減

CO2排出量

(t-CO2)

使用量

CO2排出量

(t-CO2)

使用量

CO2排出量

(%)

使用量

(%)

電気(千kw)

11,787.8

22,933.6

7,775.2

19,107.8

-34.0

-16.7

灯油(kℓ)

1,006.3

404.1

142.9

57.4

-85.8

-85.8

A重油(kℓ)

1,044.8

385.5

297.1

109.6

-71.6

-71.6

LPG(t)

240.2

80.1

256.9

85.6

7.0

7.0

ガソリン(kℓ)

255.9

110.3

132.7

57.2

-48.1

-48.1

軽油(kℓ)

101.2

39.2

63.7

24.7

-37.1

-37.0

CH4、N2O、HFC

15.3

-

8.5

-

-44.4

-

合計

14,451.5

-

8,677.0

-

-40.0

-

温室効果ガスは、活動量(エネルギー使用量)×排出係数により算出されます。

活動量及び排出係数は活動の内容や使用エネルギーの種別によって異なり毎年度見直しがあるため、エネルギー使用量と温室効果ガス排出量の推移は比例しない場合があります。

CH4(メタン)N2O(一酸化二窒素)については自動車の走行距離、HFC(ハイドロフルオロカーボン)についてはカーエアコンの冷媒の漏洩量により排出量を求め、地球温暖化係数を乗じることで二酸化手炭素排出量を算出しています。

 

●温室効果ガス排出量【産業分類区分別】

 

主な取り組み

COOLCHOICEへの賛同

2018年1月、地球温暖化対策に資する「賢い」選択をしていこうという取り組みに賛同し、身近にできる「クールビズ」「ウォームビズ」「お昼時間の消灯」「空調の適温設定」等に取り組んでいます。

 

イラスト:エアコン

個々の取り組み

OA機器を省電力モード(スリープモードや輝度を抑える)設定や、長時間使用しないときには電源を落とすなど消費電力を抑制する、公用車の運転において「ふんわりアクセル」を励行するなど、手軽に一人から始められる取り組みを実践しています。

イラスト:グラフ

高効率機器の導入

設備更新の際には、エネルギー消費の少ない機種を優先的に採用します。また、施設改修の際には、照明設備のLED化や、調光設備の導入、照明系統の配置の工夫による照度の適正化などにより効率化を進めます。

 

イラスト:オフィス

再生可能エネルギーの導入

一部の施設に太陽光発電システムを導入し、施設の電源として使用するほか、余剰電力を関連施設に供給しています。

 

 

 

イラスト:太陽光

 


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:市民生活部環境課生活環境係

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3150

FAX番号:0791-63-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?